次世代型経営    経営革新      収益事業

Home Care Support

介護事業法人の次世代のカタチ ご提案します!

介護事業法人様の今後の経営戦略、どのように描きますか?
現在の専門性を最大の強みに変え、社会的役割を強化しながら、安定的な成長を実現します。

【既存介護・福祉事業の進化】

他者との競合・スタッフ不足・専門性の追及不足・施設設備の劣化などが原因で、既存の介護福祉事業所の魅力が低下していませんか?
柱事業を再強化し、魅力を高め、高収益体質を築くことが、法人進化の第1歩です。

○新卒採用 必勝プロジェクト
○中途採用 応募者殺到!実現プロジェクト
○結果を出す! 自立支援介護サービス実現プロジェクト
○課題を解決! リーダー育成プログラム
○顧客を獲得! 短期集中実践プログラム

【地域共生社会 幅広い連携の中心になる】

地域共生社会実現のポイントは、地域連携。
幅広いネットワーク作りの中心になり、同時に安定収益化を実現します。

『暮らしの総合相談窓口』の開設
要介護者とその家族だけでなく、アクティブシニア、障がい者、子育て世代に至るまで。
幅広く地元住民の暮らしに関する、総合相談窓口を開設します。
ポイントは、
①幅広い地域連携の中心プレーヤーになる
②多くの地元住民がサービス対象になる
③数多くの収益源があり高収益化が可能

少額の投資で、多くのメリットを得られるモデルです。
詳細はお問い合わせください。

【終活・エンディング業界との協業】

介護福祉事業者にとって「死」のテーマを扱うことは、長らくタブー視されてきました。
しかし、本当の意味でシニアの暮らしの安心を実現するには、前向きに捉えて準備することが欠かせません。
事業として収益化すると同時に、本業との相乗効果も生み出します。

『終活・エンディングサポート』
多数の専門家と協業し、終活を支援します。
シニアの潜在的な将来不安を具体的に解決し、安心の暮らしを実現します。

『寺院様・エンディング事業者との協業』
○研修会の実施(看取り、エンゼルケア、など)
○合同カンファレンス(看取りカンファ、看取り後の振返りカンファ)
○看取り段階での他職種連携の一員として

『介護施設の共同供養塔』
施設が共同供養塔を持つことで、将来まで安心サポートの体制を作ります。
比較的短期間で投資回収が可能です。
また顧客との死別後も、ご家族とのつながりを長く維持できます。

【医療機関の開設運営】

社会福祉法人では、医療機関の設置運営が可能です。
営利法人では、別法人として医療機関を運営できます。
医療機関と介護施設を両核として、様々な経営戦略を描きます。
○クリニック(無床タイプ)の開設と運営
○在宅支援診療所(事務所タイプ)の開設と運営

【介護資格取得機関の設置運営】

介護資格の取得育成スクールの開設と運営をご支援します。
地域の実情に合わせた運営で、小規模で持続可能なスクールを実現します。
また、人材紹介事業と講師派遣事業を併設することで、収益性を飛躍的に向上させます。
介護事業所の既存スタッフの活躍の場・収入アップの場としても有効です。
○介護資格取得スクールの開設・運営
○人材紹介事業
○講師派遣事業

PAGE TOP